開発キット

HOME > 風神レポート > 開発キット

風神レポート 開発キットとは

風神レポートの帳票開発に必要なパッケージです。これ1本で、WebシステムやWindowsシステムの開発が行えます。

開発キットには、フォーム作成ソフト(風神エディター)やWeb帳票用表示ツール(風神ビュアー)、CSV作成補助ソフト(風神データアシスト)、Windows開発用ツール(風神ツール)が同梱されています
さらに、別売りの風神ルックアップを併用すれば、CSVデータを使った外付けの帳票機能を提供できます。

開発キットには、機能にあわせプロフェッショナル版とエンタープライズ版をご用意いたしております。

フォームを作成するエディター

風神エディターでは、プログラマーだけでなく帳票を印刷する利用者でもフォーム作成を行えるのが特長です。
帳票作成のハードルを低く、でも多彩な機能で豊かな表現力を実現します。

  • テストCSVデータを取り込んで、帳票イメージのまま作成できる
  • リボンインターフェイスを採用
    初めての人にも使いやすいように、リボンインターフェイスを採用し、操作をMicrosoft Office製品に合わせました。
  • 初心者向けガイドで、帳票の作成する手順が分かる!
  • ノンプログラミングを支える表現力とデータ加工
    帳票タイプや豊富なアイテム、多彩なプロパティ機能、風神独自のマクロ機能、CSVデータの読込前処理設定、
    特殊出力に対応したフォーム(スイッチフォーム、マルチページフォーム)など様々な機能を満載。

[エディター画面イメージ]
エディター画面

[初心者ガイド]
初心者ガイド画像

ブラウザから帳票を印刷するビュアー

  • htmlで指定したフォームとデータをクライアントPC上で合成します。
  • 一般的なPDFファイルを作成するWebシステムでは難しい印刷の処理が可能になります。
    (罫線の引いてある伝票へのあてうち印刷、大量ページの印刷、プレビューなしの直接印刷など)
  • ライセンスフリーだから利用者が多くても大丈夫。

Windowsシステムの開発に活躍 ツール

  • VB.NETやC#、C++のWindowsアプリケーションの開発に役立ちます。
  • 帳票の変更が発生しても、フォームを差し替えればOK。再コンパイルが不要です。

WebでのCSV作成をサポート データアシスト

  • データで表現力をアップする独自のコントロールデータの作成をサポート。
  • 出力するCSVデータに暗号化処理を施す機能もあります。

機能一覧表

機能 プロフェッショナル版 エンタープライズ版
1本あたりの
開発者ライセンス
1開発ユーザー 10開発ユーザーまで
フォーム作成アイテム テーブル(集計表)、グリッド(表)、グラフ、テキスト(データ)、スタティック(タイトル)、バーコード、画像、
データオブジェクト、ページ、四角、丸四角、丸、自由線、直線、
仕様書作成機能 ×
スイッチフォーム ×
マルチページフォーム ×
Excel出力
Excelテンプレート出力 ×
html出力 ×
CSV出力 ×
取り込むデータのソート、制御、加工 ×
ソート ×
複数のCSV取り込み × ○(最大5つ)
フォームでのプリンター指定 ×
改ページ毎にスプールを
振り分ける
×
マクロ設定 テーブル、スタティック、テキスト、図形、バーコード、画像、グリッド
表示可能な画像形式 BMP、JPG、PNG、GIF、拡張メタファイル BMP、JPG、PNG、GIF、拡張メタファイル、TIF
バーコード形式 JAN13、JAN8、NW7、ITF、CODE128、CODE39、EAN128、QRコード JAN13、JAN8、NW7、ITF、CODE128、CODE39、EAN128、
QRコード、
郵便カスタマーバーコード
バーコードプリンター形式、
Pdf417
集計表の小中計階層 3階層 8階層
集計表小中計特殊処理 × 計の列だけ表示、小中計で値が同じときは1つだけ表示、明細が1つしかないときは計を表示しない など
ラダーグループ設定 × 6項目
クロス集計表グルーピングライン
グラフ形式 棒グラフ、積上棒グラフ、面グラフ、
折線グラフ、パレート図、
レーダーチャート、円グラフ、
ドーナツ、帯グラフ、
3D(縦棒、縦棒積上、横棒、横棒積上、円)
棒グラフ、積上棒グラフ、面グラフ、
折線グラフ、パレート図、
レーダーチャート、円グラフ、
ドーナツ、帯グラフ、
折線+棒の混合グラフ散布図
3D(縦棒、縦棒積上、横棒、横棒積上、円)
グラフ管理限界線 ×
取り込みデータ CSV CSV、ADO
データ文字コード Shift-JIS、EUC、UTF-8
データの形式 リスト形式、独自のコントロールデータ リスト形式、独自のコントロールデータ
ADOデータ
データ行数 (空メモリ÷1行半角数字)÷2