ActiveXを活用したWebシステム

HOME > 風神レポート > ActiveXを活用したWebシステム

ActiveXを活用したWebシステム

風神レポートのWebシステムでは、クライアントPCにインストールした風神ビュアー(ActiveX)で帳票イメージを合成し、ブラウザ上から印刷を行います。

Webシステム運用図

印刷処理の自由度が高い!

ActiveXを利用したWebシステムでは、一般的なPDFファイルを作成するWebシステムでは難しい印刷の処理が可能になります。

  • ページ数が多くても処理が早い
  • 罫線が引かれた伝票へのあてうち
    (利用者の環境によってずれる印刷の開始位置が、クライアントPC上で調整可能)
  • プレビューなしで直接印刷ができる   など

利用者数を気にしない 風神ビュアーはライセンスフリー

運用でクライアントに配布する「風神ビュアー」はライセンスフリー。
サーバ側にもライセンスが必要ありません(※1)
つまり必要なのは、フォーム作成を行うユーザーのライセンスだけ。
開発キットの価格だけでWeb帳票開発が行えます。利用者数を気にせず、安く導入することが出来ます 。

※1:データアシストを使用しない場合。データアシストを使用すると開発が容易になります。
尚、データアシストを使用した場合はサーバごとにデータアシストのライセンスがかかります。

Webアプリケーション構築環境の低価格化を可能にします

風神レポートの仕組みはいたってシンプル。
データはCSV形式。
htmlで指定したフォームファイルとデータCSVをクライアントPC上で合成します。Webサーバに帳票を合成する為のプログラムを組み込む必要はありません。

WebシステムではCSVファイルとhtmlが作れればいいので、サーバのOSやミドルウエア、データベースの種類や組み合わせを問いません。 「LAPP(Linux+Apache+PostgreSQL+PHP)」などのフルオープンソースの環境下での帳票開発も可能です。

帳票イメージをそのままExcelで出力

フォームファイル側に設定をつければ、ビュアーで表示している帳票をそのままExcelファイルで出力されるので、データの活用がさらに広がります。

※クライアントPCにExcelのインストールが必要です。

オプションでPDF出力機能も追加可能

別売りの「PDFオプション」を追加すれば、ビュアーで表示している帳票イメージをPDFファイルに変換します。

必要な製品

  • 風神レポート開発キット(プロフェッショナル版orエンタープライズ版)