Ver6新機能

HOME > 風神レポート > 機能 > Ver6新機能

Ver6新機能

操作性をUPさせる機能を大幅に追加

  • 複数アイテムを選択しているときにサイズすると全体的に拡大縮小する機能
  • 上下に重なったアイテムで下側を選択する機能の追加
  • 選択アイテムのロック機能
  • データリストから選択したデータをドロップしたときにデータが数値・文字なのかを判断し、
    表示位置(右寄せ、左寄せ)を自動設定
  • テキスト等のアイテムを既にあるアイテムの間に追加したいときに、関係するアイテムを自動的に移動させる機能
  • Staticをテキストへタイプ変換を可能する機能
  • 選択したアイテム(テキスト,バーコード,イメージ)のタグ名をCSVタイトルに変更する機能
  • マクロの色設定をパレットから指定する機能
  • マクロの有無を表示プロパティーダイアログに表示
  • エディターで非表示設定がされているテキストやグリッドを赤でX表示する
    などなど

初心者向けガイド機能

風神レポートでどのように帳票を作っていけばいいのかわからないユーザー用に初心者向けガイド機能を追加。
ガイドにはヘルプがついていて、その順番に設定をしていけば帳票が1つ出来上がります。

初心者向けガイド説明図

Excel出力機能搭載

「風神で作っているイメージをExcelで出力してほしい!!」
今まで、お問い合わせや展示会、セミナー等で、最も多くご要望戴いたのが、実はこのExcel出力機能でした。
システムから出力する定型帳票にさらに情報を加えて印刷したい、そんなニーズが多いExcel出力。
フォーム側で設定を行えば、ビュアーやルックアップ上からExcelファイルが作成できます。

エクセル出力機能説明図

強化したスイッチフォーム機能

スイッチフォームの説明図

「1つのデータから、何種類もの帳票を切り替えて出力したい」そんなお客様の声にお応えできる機能が、
「スイッチフォーム機能」。
風神レポートVer3から搭載しているこの機能、
Ver6からは、1つのデータで単票だけでなく複数ページにまたがる帳票も切り替えて出力できるようになります!
例えば、1つの同一CSVデータを使って、
p.1:表紙(シールタイプ)
p.2~p.5:帳票A(集計表タイプ)
p.6~p.10:帳票B(ラダータイプ)
と、出力するイメージです。

マルチページフォーム機能

1行のデータから、納品書、請求書、領収書の3つの帳票を1度に印刷する機能です。
今までデータを作るプログラムに加工が必要でしたが、パッケージやBIツールから出力されるCSVデータでもいろんな印刷が可能になります。

シールの打ち出し開始位置機能

途中まで使用している住所シールの続きから印刷して、用紙の無駄を省きます。
ビュアー、ツール、ルックアップに搭載。

フレックスグリッド機能

フレックスグリッド機能

もっと、罫線の間隔を細かく調整できるフレックスグリッドが追加!
行間や列幅をテキストと同じようにミリ単位で細かく調整できます。
とくに、従来のグリッドとの違いが、行ごとに高さを変えられること!テキストをいっぱい貼り付けて対処していた特に罫線が多い帳票では、その作成工数を大幅に削減できること間違いなしです!

その他、表現力アップ機能を追加