運用時の特殊機能

HOME > 風神レポート > 運用時の特殊機能

運用時に使える特殊機能

機能 説明
印刷開始位置指定 指定伝票へ当て打ちする場合に、クライアントのPC側でプリンターごとに印刷開始位置の調整を設定します。
直接印刷 画面が表示されると自動的に印刷を開始します。
印刷不可 印刷ボタンを使用できなくします。
次レポート機能 1度の印刷処理で連続して複数の書式の帳票を印刷します。
CSVデータに次に出力するフォームとデータの組み合わせを指定します。
ビュアー限定の機能です。
出力プリンターの指定 設定方法がいろいろあります。
【ビュアーの場合】
・htmlコマンドで設定
・CSVで設定
・フォームごとに設定【エンタープライズ版 限定】
【ツールの場合】
・プログラムで設定
・フォームごとに設定【エンタープライズ版 限定】
【ルックアップの場合】
・監視フォルダー機能で設定
・フォームごとに設定【エンタープライズ版 限定】
シールの打ち出し開始位置 途中まで使用している住所シールの続きから印刷して紙の無駄を省きます。
ソート機能 風神で帳票を表示する前に、取り込んだデータの順番をならびかえて印刷を行います。(元のCSVデータは一切変更いたしません。)
【エンタープライズ版 限定】
取込データの制限機能 設定にあわせて、取り込みを行う明細データと取り込みを行わない明細データを設定します。
【エンタープライズ版 限定】
データの加工 データを読込むときに、単票を作成しやすいデータに加工する機能です。
下敷き画像、プレビュー時表示 指定伝票へ当て打ちするとき、表示画面ではデータの確認用に下敷き画像を表示する機能です。印刷時には画像は印刷しません。
スイッチフォーム機能 1つのデータから複数のフォームを切り替えて打ち出す機能です。
【エンタープライズ版 限定】
マルチページフォーム機能 1行のデータから納品書、請求書、領収書の3つの単票を同時に印刷する機能です。